« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

絶景!千尋岩トレッキング

Dscn5181 Dscn5177 こんにちは。

本日の父島地方の天候は晴れでしたが、海は大荒れ。

さらに強風の一日でした。

海のアクティビティの船(ははじま丸を含む)は、ほとんどがツアー中止(欠航)となったようです。

そんな訳で、今朝になって立て続けにオガツアーにも予約が入り、満員御礼となりました。

目的地は千尋岩(ハートロック)。

お客様は「JTBファーブル」の5名様と、野沢さん、重光さんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千尋岩でお昼休み

Dscn5178 Dscn5180 目的地の千尋岩からの景色は、素晴らしかったですが、

海がシケていたので、「こりゃぁ、クジラ探しは無理かなぁ」と思っていた矢先に、

何と!千尋岩の真下をクジラが通過。

ホエールウォッチングも、することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がじゅまるをバックに

Dscn5182帰り道では、ガジュマルの森を通過しました。

写真ではなかなか表現できませんが、現地のがじゅまるはかなりの迫力がありますよ。

皆さん、オガツアーご参加ありがとうございました。

また小笠原であいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

本日もまた子供ガイドです。

Kominatobasutei Dscn5144 天気は晴れ。

「小笠原自然ふれあい学校」と題して、東京近郊から集まってくれた子供達約30名様をガイドしてきました。

行った場所は、小港海岸、中山峠、ブタ海岸です。

下の写真は中山峠から見た小港海岸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山峠で休憩

Dekaihappa Ooninzuu 小港から30分位かけて、中山峠に登りました。

海況は悪いですが天気は良かったので、景色はバツグンでした。

女の子の顔より大きい葉っぱ(モモタマナ)も拾いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父島ブタ海岸にて

Umiasobi2 Umiasobi ブタ海岸での風景です。

子供達は海遊びをしていました。

もうちょっと上手にガイドできたかな~、という個人的な反省はさておき、楽しい一日でした。

みんな、ありがとう!

大人になったら小笠原にまた来てね。

その時まで覚えているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

今日も子供ガイドです。

Areare Beach_flag 本日の父島地方の天候は曇り。

小港海岸は、波が高く、風も強風でした。

昨日に引き続き、B&Gの子供達に小港海岸周辺を案内してきました。

昨日240名、本日240名の子供達が訪れ、用意された様々なアクティビティを、1時間毎に選択する、というスタイルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、問題で~す!

Quiz 写真右奥に見えている(写真をクリックしたら見えるかな?)、変な模様の岩(溶岩)は、何という名前で呼ばれているでしょうか?

1 うろこ状溶岩

2 枕状溶岩

3 だんご状溶岩

さあ、わかるかな?

答えは!

ジャジャ~ン

2番の枕状溶岩でした!

…というようなクイズも、いくつか出題しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モモタマナ割り

Momotamana 海岸沿いによく生えているモモタマナの実は、石で割ると中心部分を食べることが出来ます。

子供達に実際にやってもらい、みんなで食べたりもしました。

この遊びは好評で、みんな熱中してましたね。

おいしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

豪華客船ふじ丸、父島に入港

Hujimaru2 Hujimaru 本日の父島地方の天候は、曇り時々雨、一時強風及び激しい雨。

悪天候でした。

それはさておき、

豪華客船の、ふじ丸が入港しました。

今回の航海は、「B&G体験クルーズ」と題して、

日本全国から集まった、小4~中3までの500名の貸切となっています。

・行程

3月26日 14時 東京晴海ふ頭発

3月28日 7時  父島着

3月29日 17時 父島発

3月31日 10時 晴海ふ頭着

料金は8万円

・ふじ丸のデータ

23、235トン

全長 167m

日本チャータークルーズ株式会社所有

ちなみにB&Gとは、

昔、「一日一善!」というCMをやっていた、笹川良一さんの団体だそうです。(現在は会長は違う方になっています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B&Gの子供達

Kanoe Kodomotati あいにくの天気の中、B&Gの子供達に小港海岸の海岸林をガイドしてきました。

午前中は何とか天気はもったのですが、

午後は激しい雨に見舞われて、かなり早めの撤収となってしまいました。

残念でした。

海岸林探索の他は、シュノーケリング、カヌー、ライフセービングの授業などが行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

一日中雨でした。

Mirror Ame_1 本日の父島地方の天候は、雨でした。

かなりの雨だったので、マイカーの車内から写真を撮りました。

最近の父島は、雲が低く垂れ込め、雨が降りやすい気候になっていますが、毎年春にはこのような天気になりがちです。

そんな時期に、海の中ではアオウミガメが繁殖活動をしているそうです。

そして5月頃から、浜辺で産卵を始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キクラゲ生えてます。

Kikurage 炒めもの、煮物、天ぷら、サラダ、などなど何にでも大活躍の食材ですね。

小笠原に生えているキクラゲは、「アラゲキクラゲ」という種類で、「キクラゲ」よりも食感が若干硬めです。

父島では、ガジュマルの枯れ木によく発生しています。

水洗いして、軽く火を通してから召し上がってください。

コリコリしていて、おいしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルハチ

Maruhatidesu Hatinozi 恐竜でも出てきそうな雰囲気の植物ですね。

こちらは、小笠原固有種の木性シダで、マルハチです。

名前の由来は幹の表面に、「丸に八の字(逆さ)」

があるからです。

この植物はお客さんにも結構人気があります。

特徴的だし、わかりやすいし、南国風だからでしょうか。

父島には、この他にも「ヘゴ」と「メヘゴ」という木性シダが自生していますが、「マルハチ」が一番人気ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

出港してしまいました

Shukkou Dscn5073 本日の午前中は、久しぶりに晴れ間がのぞきました。

今回のおがさわら丸で来島したお客さんは、今日まで一度も小笠原の青い空を見ていなかったのですが、

最終日になって、ようやく太陽を拝むことができましたね。

安堵しました。

それはさておき、

おが丸のお見送りに行ってまいりました。

あきちゃん、えりちゃん、4月からの社会人生活(パート2)、頑張ってくださいね。

そして、大森さんもお元気で!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なんかちょうだい

Isohiyo ウェザーステーション(三日月山展望台)で、何か食べ物を広げていると、

いつのまにか、必ず、どこからともなく、イソヒヨドリがやってきます。

そして、そのかわいらしさに負けて、餌を与える人もしばしばいます。

彼ら(イソヒヨドリ)はたくましい(いやしい?)ですね。

写真の個体はメスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオミトベラも開花しました

Oomitobera 絶滅危惧ⅠA類、小笠原固有種です。

花はいい香りがしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムニンボウランです。

Dscn5067 父島には、非常に少ないです。

小笠原固有種で、ラン科ボウラン属です。

花が咲くのは5~6月頃なので、もう少しですね。

父島某所で撮影しました。

絶滅危惧ⅠB類です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロテツが開花しました

Sirotetu 小笠原固有種の樹木、シロテツの花が咲き始めました。

花の直径は5ミリ位でしょうか、とても小さいです。

写真は東平で撮影しました。

ミカン科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

オガツアー午前の部

Dscn5051 Dscn5050 今日は変則的に、午前中は戦跡ツアー、

午後は森歩きツアー、という内容になりました。

お客様は、大森さん、あきちゃん、えりちゃん、の3名様でした。

下の写真の大砲は、四一式山砲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オガツアー午後の部

Dscn5053 Dscn5052 午後は、アカガシラカラスバトサンクチュアリなども巡りました。

天気も何とかもって、大雨にもならずによかったですね。

今日も楽しいツアーとなりました。

ご参加ありがとうございました。

またのご参加も、絶賛受付中で~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

雨に煙る夜明道路

Kiridesu 本日の父島地方の天気予報は、晴れ時々曇り。

実際の天候は雨時々曇り。

「どうなってるんだー」と心の中で突っ込みつつ、

今日は偶然にも(偶然にもぉ?)仕事が入らなかったので、島内を散策してきました。

決して(決してぇ?)、「ヒマだった」というわけではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P-51マスタング(ムスタング)の残骸

Tubasa Engine 父島夜明山付近の山中には、第二次大戦中に日本軍によって撃墜された、米軍戦闘機の残骸があります。

現地には翼、エンジンなどが森の中にひっそりと転がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がじゅまるの実生

Dscn5039 しれーっと、ガジュマルの実生が育っています。

小笠原には、明治時代からガジュマルが各所に植栽されてはいましたが、最近までは結実することはありませんでした。

それが、約10年前に「ガジュマルコバチ」という、ガジュマルの花粉を媒介する専門の虫が、島内に侵入してしまったため、

現在では、島内各地に樹齢約10年未満のガジュマルの実生が、どんどん増えてきています。

まだ小さいのでそれほど問題化していませんが、そのうちこれもアカギやモクマオウのように、駆除対象の樹木になるかもしれませんね。

ガジュマルの生命力は凄いものがありますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グアバ

Guava (オリエンタルグアバジュースによって)東海地方の皆さんには、馴染みのある果実だと思いますが、

グアバです。和名はバンジロウ(蕃石榴)

葉はお茶にも利用されますよね。

父島の某宿泊施設(O笠原Y-スHステル)の裏庭になっていました。

大きいです。

直径10cm程ありました。りんご並みです。

どんな味がするんでしょうね~。

ちなみに、写真は3~4日前に撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

今日の大村海岸(前浜)

Maehamadesu 本日の父島地方の天候は、曇り。

写真は前浜です。

定期船おがさわら丸は、定刻よりも1時間半遅れて、午後1時に父島に入港しました。

乗客数は400名弱でした。

ここだけの話ですが…

今日は、オガツアーの予約がなかったので、(内緒ですよ)

プライベートで、水産センターに見学に行ってきました。

ここは、無料で見られるミニ水族館があります。

では、そのごく一部ですが、以下に皆さんにご紹介しましょう。

レッツ、ゴー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビスカスを食べさせないでね

Kamesan Dameyo 水産センターのアオウミガメのいる水槽です。

真横にハイビスカスが植栽されているので、

カメにその花を食べさせる(食べちゃうんですよ、これが)人が結構いたのですが、(ぼ、ぼくはやった事なんて、な、ないですよ…)

今日見たら、こんな張り紙が張られていました。

カメにハイビスカスの花をやってはいけないようですね。

わかりましたか? はーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネズミフグ

Potikun 水産センターには、こんなのもいました。

ネズミフグの「ポチ君」だそうです。

つぶらな瞳が愛らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コアホウドリの剥製

Koahou 水産センターには、こんなのもいました。

「ムコ島列島の鳥島が国内で唯一の繁殖地として、1977年に確認された。イカや魚類を食す。」

と、書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロアシアホウドリの剥製

Kuroasi 水産センターには、こんなのもいました。

「全身黒色で、伊豆諸島鳥島や小笠原諸島ムコ島列島で、繁殖している。コアホウドリと同じくイカや魚を食す。」

と、書いてありました。

本日もアクセス、毎度おおきに、ありがとうございました!

ペケポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

今日の父島の空

Kyounosora 本日の父島地方の天候は曇り。

最高気温は20℃。寒い日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑の実がなってますよー

Kuwanomi 島内のいたる所で、桑の実がなってますよー。

食べるとおいしいですよー。

(小笠原では)外来種のシマグワという種類ですよー。

実の大きさは2~3センチ位ですよー。

ジャムにしても、いいみたいですよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の中の水面

Junguruminamo ジャングル中の水面に映る、木々の姿を撮ってみました。

場所は父島、東平アカガシラカラスバトサンクチュアリ付近です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華客船にっぽん丸で小笠原へ

Nipponmaru4 Nipponmaru3 今回のにっぽん丸の「小笠原スプリングクルーズ」について、ちょっとだけ調べてみました。

・日程

3月19日 19時 横浜港出港

3月21日 8時 父島着

3月22日 17時 父島発

3月24日 10時 横浜港入港

・値段

17万円~69万円

・にっぽん丸の各種データ

21,903トン

184室532名

全長166m

商船三井客船株式会社所有

…という感じです。ゴージャスですね~。

こちらの乗客の皆さんも、中高年の方が中心でした。

ちなみに、写真は昨日撮影したものです。

今日もアクセス、アリガートー!

コメントも頂き、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

豪華客船にっぽん丸入港

Nipponmaru2 Nipponmaru 本日の最高気温は20℃と、寒い日でした。

それはさておき、父島には「にっぽん丸」が入港しました。

にっぽん丸に関する情報は、また明日、おとどけしま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の父島境浦海岸

Sakaiura_1 座礁船「濱江丸」(ひんこうまる)のある海岸、境浦です。

今日は、ちょっと海が荒れていたので、多少水が白く濁っていましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フラダンス

Hura 前浜ゲゲゲハウス(写真の建物)に於いて、私の所属しているフラダンスサークルのイベントがあったので、参加してきました。

何曲か踊ってきましたが、やっぱりフラは楽しいですね。

海を前に踊ったら、とっても気持いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方の前浜

Yuuzora 本日夕方の、前浜(大村海岸)の空です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

またきてねー!

Matane Omiokuri 本日の父島地方の天候は晴れ、でしたが、

昨日に引き続き強い風が吹き、最高気温は19℃、と寒い一日でした。

それはさておき、

おがさわら丸の出港日だったので、お見送りに行ってきました。

港では、オガツアーに参加して頂いた皆さんに、再び会いましたが、たくさんの笑顔に会いました!

小笠原に来た時には、船酔いで元気がなかった方もいらしたのですが、帰る時にはみんな素晴らしい笑顔になっていましたよ~!

とても幸せな気分でした。

そのパワーをもらって、さらに次のお客さん達の笑顔を、じゃんじゃんプロデュースして行きたい!

と、思った次第でした。

皆さん、どうもありがとう!

もし出来れば、また、小笠原で会いましょう!

追伸  帰りの船は無事…でしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月桃(ゲットウ)の花

Gettoh かなりの早咲きですが、ゲットウの花が咲いている場所がありました。

葉には抗菌作用があるので、食物(おむすび等)を包むのに適しています。

茎はマット・魚網をつくる原料に使われることもあるそうです。

インド原産。ショウガ科。日本では、伊豆諸島、鹿児島以南で野生化。

小笠原では、5月、6月に花が咲きます。

写真は強風の為、やむなく手で押さえて撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青灯台周辺

Blue_toudai Ogamaru なにげな~い、本日の青灯台の風景です。

二見湾内の海は、少し荒れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の父島宮之浜

Miyahama 北風が、もろに吹き込んでいて宮之浜は大荒れ。

さすがに今日は、宮之浜をホームグラウンド(シー?)にしている「素潜り道小峰塾」の姿も見られませんでした。

サーフィンをしている人がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

楽しい!千尋岩トレッキング

Dscn4862 ジャラ~ン

本日もオガツアーで、千尋岩(ハートロック)に行ってまいりました。

お客様は江口さん、二瓶さん、もえちゃん、えりちゃん、でした。

天気は曇り、午後にちょっとだけ雨が降りました。

この写真は、衝立山レーダー陣地跡で撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千尋岩は強風でした

Dscn4863 Ooaredesu 京風どすえ~

………あ、失礼しました。

そうじゃないです、強風です。

目的地の千尋岩は、かなり強い風が吹いていました。

さらに、海も大荒れだったので、クジラ探しなど出来なかったのは残念でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲良しツーショット

Omusubi 千尋岩で、お昼休憩中のショットです。

いいですね、二人の仲良し具合が写真ににじみ出ていますよ~。

もえちゃん、えりちゃん、ご卒業おめでとうございます!

そして他の皆さんも、機会があればまた是非、小笠原に来てくださいね。

ありがとうございました!

追伸  マチクは「麻竹」、キクラゲは「木耳」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

ハートロックツアーやってます。

Iidesune こんにちは、日本本土では気温の変動の激しい春の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

読者の皆さんは、風邪などひいていないでしょうか。

それはさておき、

本日は、オガツアーでハートロック(千尋岩)に行ってきました。

参加して頂いたお客様は、津田さん、岩田さん、一戸さん、三枝さんです。

ちなみに、本日の父島地方の天候は晴れ、最高気温は20℃でした。

今日も山歩き日和でしたよ!

Touchaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっ!……大きい!……ですよね…

Dekai 千尋岩のガケの上で撮った写真ですが……

遠近法の効果もあるのでしょうが……

一戸さん(右側の方、青森県のラガーマン医学部学生、ベンチプレスで120㎏を持ち上げる事が出来る!)、

なんか、写真で見ると……

Gake まるで、巨人のように大きく写ってますねぇ!

三枝さん(真ん中の方)がとても小さく見えます。

大は小を兼ねる。

大きい事はいい事だ!

うんうん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お疲れ様です!

Otukaresamadesu 無事に駐車場に帰着しました、の図です。

おつかれさまでした~。

今回のおがさわら丸で、船酔いに悩まされた方もいらしたようですが、これに懲りずにまた小笠原に来て下さいね。(青森からは、結構遠いですが…)

皆さん、お仕事に、勉強に、ベンチプレスに、ラグビーに、

頑張ってくださいね。

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

がじゅまるの陣地跡です。

Dscn4844 はろー。

毎度アクセスありがとうございます。

おがさわら丸入港日の本日午後、オガツアー半日森歩きコースに行ってきました。

お客様は埼玉県からお越しの、戸田さんと荘司さんです。

この写真は、旧日本軍の陣地跡(大村第二砲台)にうっそうと茂るがじゅまる、の森です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小港海岸の風紋

Huumon ツアー中に寄った小港海岸です。

強風が吹いていた為に、風紋(風によって出来た模様)が出現していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山山頂です。

Dscn4845 旭山山頂(標高約270m)で一枚撮りました。

空気の透明度が悪かったので、下界がかすんで見えて、よりいっそう高い所にいるような感じがしましたね。

今日のおがさわら丸は結構揺れたそうですが、船酔いにめげずに、また、小笠原へどうぞ!

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

本日の父島の風景

Uezah Oomura 上の写真はウエザーステーション(三日月山展望台)です。

日差しがポカポカとしていて暖かく、景色はサイコーなので、とてもすがすがしい気分でした。

さらに今の時期は、ザトウクジラの姿が本当にたくさん見られるので、海をずっと眺めていても、飽きるということがありません。

双眼鏡があると、さらに楽しめるでしょう。

下の写真は、ウェザーステーションに向かう道筋から見下ろした、街の風景です。

海が青いです。うんうん。

こんな景色を見て毎日暮らせるなんて、やっぱり幸せですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンノウメが咲いてます

Tennoume 小笠原の固有種のテンノウメ2種(タチテンノウメ、シラゲテンノウメ)、の花が咲き出してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブガシの花が咲いてます

Kobugasi 山では、小笠原固有種のコブガシの花が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタバミ咲いてます

Katabami_2 道端でカタバミが咲いています。

茎や葉にシュウ酸を含んでいて、かじると酸っぱいです。

葉の青汁を虫刺されに塗ると、かゆみがやわらぐそうです。

さらに、この汁をつけて十円玉を磨くと、ピカピカになります。

面白いので、実験してみてはいかがでしょうか。

葉と花は夜になると閉じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

時雨山 つつじ山ツアー

Siguredamu チワッス!

アクセスありがとうございます。

写真は父島島民の水がめ、時雨ダムです。

それはさておき、

本日のツアー状況を、以下に報告します。

小笠原ユースホステルにお泊りの青木さん、志村さん、松田さん、マリちゃん、リーちゃんをご案内して、時雨山、つつじ山ツアーに行ってきました。

天気は晴れ。

陽気はハルウララ。

山歩きには、おあつらえ向きの一日でした。

それでは、読者の方と共にツアーにレッツゴー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレカヤシのジャングル

Arekayasi アレカヤシ(コガネタケヤシ)のジャングルを通過しました。

戦後60年以上放置され、辺り一面アレカヤシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時雨山

Sigure 時雨山(216m)山頂です。

イェ~イ!

眺めはいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノヤシの前で

Noyasi 道端にはノヤシ(小笠原固有種)も生えていました。

イェ~イ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つつじ山(躑躅山)山頂にて

Tutuzi_2 つつじ山(標高302m)で、お昼を食べました。

天気も良く、絶景が楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父島 朝立岩

Dscn4823 朝立岩でパチリ。

イエ~イ!!

朝立岩の語源については………見た目の通りで~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トーチカ探検

Dscn4824 朝立岩の下部には、旧日本軍の陣地跡があります。

ライトを持ってその中に入り、探検もしました。

三八式十二糎榴弾砲の残骸がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場で

Toire 山を降りてきてから、駐車場で記念写真。

皆さん、いい笑顔ですよ~。

どうもありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

豪華客船、父島に現る!

Venus 豪華客船の「ぱしふぃっくびーなす」が昨日、父島に入港しました。

「小笠原 クジラ探しクルーズ」で、父島に寄港したそうです。

・今回の日程について調べてみました。

3月10日 神戸発

3月11日 高知寄港

3月13日 朝7時 父島入港

3月14日 夕方5時 父島出港

3月16日 朝7時 高知寄港 夕方6時神戸着

で、料金は20万円~92万円です。

・ぱしふぃっくびーなすのデータについても調べてみました。

1998年4月就航

26,518トン

全長183m

旅客定員 696名

乗組員 204名

所有 日本クルーズ客船株式会社(本社 大阪)

乗客の方は、さすがに中高年のお客様が多かったですね。

う~ん、いつかは乗りたい! トヨタのクラウンみたいなもんですね。

以上、ぱしふぃっくびーなすレポートでした。

P・S 小笠原支庁総○○経○○、K藤さん、いつもご愛読ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出港日

Miokuri_2 本日も、おがさわら丸は出港されました。

見送り船は多く、豪華客船の姿もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山南峰で

060314 午前中半日コースに参加していただいた、大谷さんと今西さんです。

ありがとうございました。

奥に浮かんでいる船は「ぱしふぃっくびーなす」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

戦跡ツアー

Dscn4773 本日の午後、半日で戦跡ツアーに行きました。

お客様は大阪からお越しの冨士さんです。

ありがとうございました。

写真は「十年式十二糎高角砲」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦跡 探照灯(サーチライト)

Dscn4789 父島の長崎展望台付近には、第二次世界大戦の時に使用された探照灯の残骸があります。

直径が150cmあり、約8km先の敵飛行機を照らし出す能力があったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦跡 トロッコレール壕

Dscn4785 戦跡ツアーでは、このようなトロッコレールの残る壕(穴)も通ります。

真っ暗闇の中、ライト一つをたよりに歩いて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前中半日コース

  • Dscn4772 豪華客船の「ぱしふぃっくびーなす」に乗って、高松からお越しの大沢さんです。

オガツアーの午前中半日コースに参加してくれました。

ありがとうございました。

写真は中央山山頂で撮りましたが、物凄い風が吹いていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

オガサワラモクマオ

Ogamoku 本日の父島地方の天候は晴れ。

いい天気でした。

ブログのネタ探しの為に、島内をぐるっとバイクで巡検してまわりました。(…決してヒマだったという訳ではありません…)

………と、いうわけで、父島の植物情報をいくつかレポートいたします。

トップバッターは、小笠原固有種の「オガサワラモクマオ」です。

花が咲いていました。

夜明道路沿いの、コンクリートの壁にたくさん生えています。

相当地味な植物なので、小笠原島民でもその名前すら聞いた事がない、という人が多いのではないでしょうか。

漢字では、小笠原木苧麻。 イラクサ科カラムシ属です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センダンの花が咲いてます。

Senndan 小笠原に自生する植物の中では少数派の、落葉樹の一つです。

そのセンダンの花が咲き出しました。

写真は小港園地駐車場で撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父島 キバンジロウ予報

Kibannzirou 山の中にたくさんなっているキバンジロウの実ですが、

今日、各所の様子を窺ってみました。

早いものは、3月下旬には食べられそうです。

そしてその後はGW位まで、どこかしらで熟した実を見受けられるでしょう…という感じです。

これが、ウマイんだよな~。

あと少しですね、ワクワク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

オガツアー半日コース

Dscn4684 おがさわら丸入港日の本日午後、オガツアーに半日コースで2名のお客様に参加して頂きました。

茨城からお越しの高橋さん(ロマンチスト)と、奈良県からお越しの山下さんです。

今日もまた非常に楽しいツアー内容となりました。

常に笑いが絶えず、時間もあっという間に過ぎてしまいましたね。

これでお金がいただけて、仕事をさせてもらうことが出来るなんて……私は幸せ者です。

いつも、いいお客さん達に恵まれて……最高です。

いやぁ、ガイドって、本当にイイモンデスネ!!

ちなみに、写真は小港海岸で撮影しました。

アリガトウゴザイマシタ、二人とも、いい笑顔ですよ!

よーしっ、明日からもがんばるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

スコーンッ、と明るくいってみよー!

Dscn4604 いえ…、私のパソコンのデスクトップの話なんですがね、

左の「ヤシの木&青空」写真に変えてみたら、なんだかPCをたち上げる度に気分がスコーン!、と明るくなっちゃった、

ていう話なんです…。

もしよければ、皆さんもデスクトップにどうぞ!

父島の大根山公園で数日前に撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亜熱帯のジャングルチェック

Jangle Birou Koke 明日はおがさわら丸入港日。

オガツアーにも午後の半日コースのご予約をいただきました。

というわけで、明日のツアーで使うコースを事前にチェックしてきました。

雨上がりの森の中は、全体的に潤いをたたえていて、より一層ジャングルの雰囲気を醸し出していましたね。

コケは雨に濡れて、心なしか喜んでいるようにも感じられました。

本日の父島地方の天候は、午前中大雨、午後から曇り、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

ギョサン売ってます。(お店で)

Gyosan 小笠原旅行の基本アイテムと言えば、「ぎょさん」は欠かせません。

ぎょさんの「ぎょ」は漁業の漁で、ぎょさんの「さん」はサンダルのサン、が語源らしいですが詳しくは不明です。

特に夏場は島民、観光客を問わず、小笠原を歩いている(仕事以外の)人の半数以上が素足にギョサン履きなのではないでしょうか。

思いつくままに、以下に長所と短所を書いてみます。

長所

・足だけならいつ濡れても大丈夫

・濡れている場所(岩、磯、コンクリート、船のデッキ)でも滑りにくい。

・船に乗るとき(ドルフィン、クジラ等)には圧倒的に便利。

・足が蒸れない

・楽チン

短所

・山歩きは無理です。

・靴の裏に泥が溜まりやすい

・値段がやや高い(700円前後)

父島の商店でたくさん販売されていますので、来島の折には履いてみてはいかがでしょうか。

P・S コメント、メール、お問い合わせ、ご予約、FAX等たくさん頂き、ありがとうございます!

そして、このブログへのアクセス、毎度ありがとうございま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンアノール見られます。

Anour 見た目はかわいくて、愛嬌のあるグリーンアノールですが、これが結構クセモノなんです。

父島に渡来してから40数年経ち、彼らが昆虫達を食い荒らした結果、父島ではほとんどの昆虫達(たくさんの固有種を含む)が絶滅してしまいました。

小笠原が世界遺産に登録されるためには、こういった外来種対策もしていかないといけません。

それはさておき、

グリーンアノールは変温動物なので、冬の間(12月~2月)は半冬眠状態に入っていて、その姿を見ることはあまりありませんでした。

それが3月になり気温も上昇してきたので、最近は頻繁に見かけるようになってきましたね。

これから夏に向けて、彼らの活性もどんどん高まっていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマクワズイモの花が咲いてます

Kuwazuimo_1 外来種のシマクワズイモです。

その名の通り、有毒なので食べられません。

ちなみに食べると口中が激しくしびれ、ヨダレがとめどなく出てくるそうです。

あな、恐ろしや。クワバラクワバラ。

サトイモ科クワズイモ属です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

千尋岩ツアー

Takonomi Sugichan オガツアーで千尋岩(ハートロック)に行ってきました。

お客様は「杉ちゃん」です。

大学の卒業旅行で小笠原に来たそうですが、

なんと、今回オガツアーに参加してもらった理由というのが、

「このブログを見て、楽しそうだと思って!」だそうです。

ありがとうございます!

いやぁ、ブログやってて良かったですね~。

そういう理由で、オガツアーに参加されたお客様は初めてでしたので、感動もひとしおです。

これからも油断(?)せずに、頑張ってブログを投稿していきたいとおもいま~す。

ちなみに、他にもこのブログを見て、「楽しそうだなぁ」なんて思ってくれる方がいらっしゃいましたら、ジャンジャンとオガツアーへお問い合わせ下さい。

喜んでご案内いたしますよ~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旧陸軍の電波警戒機

Rader ハートロックへの道中では、旧陸軍の電波警戒機(レーダー)の残骸も見られます。

最大で約30キロメートル先の敵飛行機を、探知できたそうです。

杉ちゃん、どうもありがとうございました。

また是非小笠原へお越し下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

父島は春です。

Dscn4577 最近の日中の最高気温は、20~25℃位にまで上がります。

父島は本格的な春をむかえています。

これからあと3ヶ月ほど経つと、真夏になります。

陽射しはすでに相当きついので、来島される方はUVケアを忘れずにお願いします。

写真は今日の二見港で~す。

ジャカジャン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おが丸出港日

Dscn4594 そして、また今日も船は出港されました。

もう3月なので、上京する島っ子も何人かいたようですね。

島っ子見送り応援団も繰り出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚…のつもりです。

Dscn4612 ヤシの葉で作ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワラビが出て来ました

Warabi 日本全土に分布しているワラビですが、

父島各所では一足早く新芽が出てきました。

GW位まではワラビ採りの季節となるでしょう。

春の味覚ですね。

しかし、残念ながらワラビの食べすぎは体に悪いようですので(発ガン性が疑われています)、

食べる量は、ほどほどにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

パトロールは宮の浜から

Miya 今日は仕事がなかった(ズキッ!)ので、父島島内をパトロールして周りました。(要はプラプラしてたって事ですね)

宮の浜に行き、素潜りの達人に話を伺うと、

「ここ2、3日の宮の浜は透明度も良く、水温も比較的高い(23℃)」とのことでした。

さらに雑談をしていると、突然約300M前方の海上にクジラの潮吹き(ブロウ)が見えました。

私は宮の浜からはクジラの姿を見たことがなかったので、驚いていると、

達人曰く、「このビーチからでも、一週間に一度位は見える」…のだそうです。

宮の浜沖は兄島瀬戸という狭い海峡があるので、普段はあまりクジラをみられないのですが、この辺にもたまには来るんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムニンタツナミソウが咲いてます。

Tatsunami 小笠原固有種のムニンタツナミソウです。

父島の各地の乾性低木林で開花してきました。

日本本土に分布しているタツナミソウは、花が紫色をしていますが、本種は白です。

花の姿を打ち寄せる波に見立てて、「立浪草」となったそうですが、白い方がより波っぽい感じがしますね。

シソ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキカタバミ咲いてます。

Katabami 道端には、ムラサキカタバミがたくさん咲き出してきました。

葉や花が酸っぱいので、父島では「スッパグサ」とも呼ばれています。

酸っぱさの原因はシュウ酸です。

南米原産の外来種で、日本には江戸時代に渡来したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

特集 魅惑の千尋岩コース!

Warabibatake 本日もアクセスありがとうございます。

今回は、今日行ってきた千尋岩(ハートロック)コースについて、以下にレポートをいたします。

お客様は、「オノチャン」と「てるちゃん」の2名様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インドゴムノキのジャングル

Gomunoki ゴムノキが乱立しているジャングルも通過していきます。

樹齢100年前後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートロックに着きました。

Mokutekiti 目的地のハートロックです。

ここでお昼を食べますが、残念ながらハートの形は海上からしか確認できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴の中

Tohtika 千尋岩には、旧日本陸軍のトーチカもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標高290Mの崖っぷち

Gakepputi 千尋岩には標高約290mの崖っぷちがあります。

写真では崖っぷち感がイマイチ表現出来ていませんが、

現地は結構スリルがあります。

さらに、ここからは約300°(!)の水平線が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧日本軍のトラックの残骸

Dscn4519ルート上の道には、旧日本軍の軍用トラックの残骸があります。

戦後60年間放置されたままですので、タイヤとエンジン以外は大部分が朽ち果てています。

トヨタ製と日産製の軍用自動車がみられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッツ!ブランコ

Gajumaru_1 帰り道の目玉はガジュマルの森ですが、そこにはブランコがあります。

とても楽しそうですねぇ、いい笑顔です。

今日参加して頂いたお二人、どうもありがとうございました。

とても楽しいツアーとなりました。

また機会があれば、是非小笠原へどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

今日の共勝丸

Kyohshoh 本日の父島地方の天候は曇りのち晴れ。

3月に入り、初のおがさわら丸の入港日となりましたが、乗船客数は500名強。

徐々に観光客も増え、春の旅行シーズンに突入してきている気配がします。

それはさておき、世の中には「共勝丸マニア」と呼べばいいのでしょうか、共勝丸の事が気になっている方が少なからずいるようです。

今日は共勝丸も入港したので、とりあえず入港の報告だけいたします。

P・S 小笠原支○産○課、○○源さん、いつもご愛読ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャングルの中のヘゴ

Hego 今日は仕事がなかった(どきっ!)ので、一人でジャングル散歩をしてきました。

大きなヘゴがあったので、撮影してみました。

このヘゴの根元には、ガジュマルの新芽が着生していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパイヤなってます。

Papaya 道路沿いでは、パパイヤの実がたわわに実っていました。

外来種として持ち込まれ、集落周辺などに野生化しているものをしばしば見受けます。

青い実は、きんぴら、キムチ、刺身のつま、てんぷら、味噌汁の具などに広く利用されています。

黄色く熟した実は、そのまま食べたりジュースにしたりします。

熟した実の独特のパパイヤ臭さが気になる方は、レモンをひと絞りして召し上がってください。

これでだいぶ匂いが緩和されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

中国製救急医療セット

Chuugoku 今日は仕事で兄島に行ってきたのですが、海岸に漂着していた中国製救急医療セットを発見しました。

ケースを開けて中国語の説明書を見てみると、救命艇用と記されていました。

すわ、一大事!誰かが近海で遭難でもしたのか、と案じましたが、

さらに説明書をよく見てみると、医療セットの期限が切れていました。

期限が切れていたので、これはもしかしたら海洋投棄をしたのかなと思い直しました。

注意:この記事の結論部分は、あくまで私の推測に基づいているものであって、特定の国や人を批判する趣旨ではない、ということを記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4PM

Aotoh 本日の父島地方の天候は、午前中晴れのち午後曇り、となりました。

写真は午後四時の二見港青灯台の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おが丸船内で見られます。

Kannbann_5 オガツアーの看板ができました。

早速おがさわら丸船内に貼ってあるので、乗船の予定がある方は探してみて下さい。

Cデッキの食堂出口付近にあるはずです。

今回の看板のポイントは電話番号です。

2-3292なので、「兄さんに急に」TELしてね、

と強引に語呂合わせをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

レッツゴー!小笠原 一人旅

Hitoritabi コメントありがとうございます。

コメントの返事の書き方がわからない(いや、ホントに)ので、ブログ上で返答いたします。

小笠原に一人旅で来る人は多いですよ。

若い女性一人、という方もしばしばいます。

その時に、私のオススメの宿を挙げますと、「小笠原ユースホステル」という事になります。

泊まっている人同士の交流が非常に盛んなので、すぐに友達ができますよ。

一人旅の方も多く利用されています。

ちょうど今なら3月末まで格安ツアーを実施しているので、旅行するならチャンスです。

詳しくは左欄のリンク集から、小笠原村観光協会、小笠原ユースホステル、小笠原海運等のHPを参照して下さい。

え~、ちなみに山歩き、森歩きをされる方は「オガツアー」でご案内いたしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピチピチ川えび

Kawaebi ども! おがです。

毎度アクセスありがとうございます。

本日の父島地方の天候は、午前中は曇り、午後から雨となっています。

私の忙しい(?)スケジュールの合間を縫って、昨日のツアーで見ることが出来た動植物を、以下にご紹介していきます。

この写真は、沢遊びをした時に発見した川エビです。

小笠原には8種類の淡水エビが生息しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムニンシャシャンボも咲いてます。

Shashanbo 日本の暖帯に分布するシャシャンボの仲間です。

ツツジ科で、ブルーベリーに近縁な種類です。

シャシャンボの実は非常においしく食べられるのですが、本種の実は食用には適しません。

小笠原では、乾性低木林を構成する樹種の一つとなっています。

漢字では、「無人小小ん坊」となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウチワノキの花が咲いてます。

Hautiwanoki 小笠原各地の乾性低木林では、ハウチワノキの花が咲いてます。

この木は東南アジア、オーストラリアなどにも分布しているそうです。

ムクロジ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオハマボッス咲いてます。

Oohamabossu オオハマボッスも、各所で咲き始めています。

日本本土の海岸に分布しているハマボッスが、小笠原にたどり着いて大型になり、固有種になったものです。

「ボッス」とは面白い名前ですが、「払子」(ほっす)という禅僧が使う法具に似ているので、このネーミングになったようです。

大型の、海岸の、払子、という訳で「大浜払子」、です。

サクラソウ科です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

初寝山ツアー

Dscn4452 本日の父島地方の天候は、曇り。

午前中半日で、初寝山に行ってきました。

昨日の大雨で道は少々ぬかるんでいましたが、皆さん無事に歩いていただきました。

このツアー中に見る事ができた動植物については、また明日報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おが丸出港風景特集

Taiko 今日のおがさわら丸の出港風景を、以下に特集として報告します。

出港5分前になると、島の方々が太鼓を鳴らし始めてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2PM

Dscn4462 Dscn4463 この写真に写っている方も、残念ながら写っていない方も、ありがとうございました。

東邦大学の皆さんの写真は、HPで使わせていただきます。

ありがとうございます。

皆さん、とてもいい顔してますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船出

Swhukkou_1 そして、今日もまた出港してしまうんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日月山展望台からの、おがさわら丸

Ogamaru1 Ogamaru2_1 その後、ウェザーステーションから撮影しました。

今日はたくさんの画像をアップしましたが、

「重い」と感じた方には、すいませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »