« グアバ | トップページ | P-51マスタング(ムスタング)の残骸 »

2006年3月24日 (金)

がじゅまるの実生

Dscn5039 しれーっと、ガジュマルの実生が育っています。

小笠原には、明治時代からガジュマルが各所に植栽されてはいましたが、最近までは結実することはありませんでした。

それが、約10年前に「ガジュマルコバチ」という、ガジュマルの花粉を媒介する専門の虫が、島内に侵入してしまったため、

現在では、島内各地に樹齢約10年未満のガジュマルの実生が、どんどん増えてきています。

まだ小さいのでそれほど問題化していませんが、そのうちこれもアカギやモクマオウのように、駆除対象の樹木になるかもしれませんね。

ガジュマルの生命力は凄いものがありますからね。

|

« グアバ | トップページ | P-51マスタング(ムスタング)の残骸 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がじゅまるの実生:

« グアバ | トップページ | P-51マスタング(ムスタング)の残骸 »