« 小笠原丸の悲劇 | トップページ | 梅雨っぽくなっちゃいました »

2006年6月 5日 (月)

海洋観測艦 にちなん

Nitinan1 Nitinan2 Nitinan4 海上自衛隊の艦艇「にちなん」が、父島の二見港に入港しました。

「にちなん」のデータ(AGS-5105)

・排水量 3300トン

・全長  111m

・速力   18ノット

・乗員  80名

・竣工  平成11年3月

・装備  海洋観測装置

・武装  なし

この艦の最大の特徴は、艦首にあるケーブルシーブ(滑車)でしょう。

この装置を使って海中に観測用のケーブルなどを設置し、海底地形等を調査するようです。

民間会社の海底線(光ファイバーなど)敷設船も、同じような船の形をしています。

|

« 小笠原丸の悲劇 | トップページ | 梅雨っぽくなっちゃいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小笠原丸の悲劇 | トップページ | 梅雨っぽくなっちゃいました »