« 昨夜もルナちゃん | トップページ | ムニンハナガサノキの実 »

2008年4月14日 (月)

小笠原始末記

S0414nitta 小笠原を発見したといわれる小笠原貞頼の子孫(?)の人物についての短編がこの文庫本のタイトルになっています。

久々に読み返しましたが、深いです。

というかわからない部分が多いです。

大岡越前も悪役(?)として描かれ、登場しています。

本当のところはどうなのでしょうか!?

「いろは」「にほへ」「とちり」の碑の存在もミステリアスです。

|

« 昨夜もルナちゃん | トップページ | ムニンハナガサノキの実 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨夜もルナちゃん | トップページ | ムニンハナガサノキの実 »